ニキビ跡の赤みは何もしないと数年間残ることも!

ニキビ跡の赤みを消す方法

せっかくニキビの炎症が静まり治ったと思っても、ポツンとシミのように赤みや色素沈着が残ってしまうことは珍しくありません。


皮膚科にいってもニキビの治療は保険が適用されますが、ニキビ痕の治療となると保険適用外であるケースが多いです。そもそもニキビ痕の治療は美容に関することだからと非協力的な皮膚科も多いです。


ただ、運のいいことに※3種類あるニキビ跡のなかでは「赤み」は治しやすく、肌のターンオーバーを促し、メラニンを還元する効果もあるビタミンCや美白成分のハイドロキノン配合のコスメを使えば、自宅できれいにできるものです。


特に炎症の赤みが残った「赤み」についてはビタミンCが非常によく効きます。


ニキビ跡の「赤み」は治りやすいといっても何もしないと数年から場合によっては10年近く残ることもあります。早く消すにはできるだけ早く、ビタミンCやハイドロキノンを配合したコスメを取り入れてケアを始めるようにしましょう。


@コスメでも人気のビタミンC美容液 詳細はこちら


※炎症の赤みが残った「赤み」、炎症の刺激で色素沈着を起こした「黒ずみ」、炎症が肌を傷つけた「陥没・凸凹」

ニキビ跡の赤みを消すビタミンC&ハイドロキノン配合コスメ<BEST3>

b.glen(ビーグレン)

お試し:1,944円 通常:5,076円

注目独自の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」
ビタミンC誘導体に比べて高濃度でしかも浸透性が高いピュアビタミンCを配合しているのがビーグレンのCセラム。 ニキビ跡の赤み・色素沈着はもちろん、コラーゲン生成を促進して肌の凸凹も内側から修復してくれるという評判です。 お試しセットは1,944円。365日返金保証付きという圧倒的自信!

オバジC10

4,320円 12ml

注目ピュアビタミンCでニキビ跡の赤みを撃退!
オバジCもビタミンC誘導体ではなくピュアビタミンCを高濃度配合。ビタミンC美容液といえばオバジCという人も多いはず。 3種類の濃度がありますが、はじめての方はC10から試すのがおすすめです。 製薬会社のビタミンC美容液ということでロングセラーです。

アンプルール

お試し:1,890円 通常:10,800円

注目ハイドロキノン配合のドクターズコスメ
NHKのきれいの魔法で紹介されたほか、美容各誌で良く紹介されているハイドロキノン配合のスポッツケア用の美白美容液です。 どちらかといえば「赤み」より「色素沈着」に効果を発揮しますが、赤みや色素沈着が混在している場合には一石二鳥で重宝すると思います。 特典が豪華と評判の1,890円のお試しセットがあります。

ニキビ跡に使いたいのはこれ!
ビーグレンの実力とは?

要チェックアメリカ最先端の浸透テクノロジーでビタミンCを浸透させる!


ビタミンC配合コスメを選ぶ場合、配合されているビタミンCの濃度というのはもちろん大切なポイントですが、それ以上に大事な点は、 「ビタミンCを壊すことなく肌の奥までしっかり届けられるか?」ということ。


この「浸透技術」を徹底的に追求し、ナノ化したカプセルを壊すことなく確実に届ける「QuSome」(特許取得)という独自の浸透テクノロジーを使って作られたのが1位で紹介しているビーグレンの特徴になります。


要チェック 誘導体ではなく、ピュアビタミンC(L-アスコルビン酸)」を7.5%高濃度配合
要チェック 特許取得済みの浸透テクノロジー「QuSome」で確実にビタミンCを浸透させる


ビタミンC誘導体が配合されているものに比べて、L-アスコルビン酸という純粋なビタミンCの形で配合されているもののほうが、肌表面の角質層にあるメラニンに働きかけて 薄くする効果(還元化)が高く、即効性があるので「ニキビ跡の赤みやシミが目立つから早く消したい!」という人にはぴったりだと思います。


ちなみに、ビーグレンのニキビのトライアルセットは、お試しセットを試した人のうち半数近くが本製品を購入、しかも2~3万円分まとめ買いするんだそうです。 それくらい、(肌にあえば)1週間のトライアル期間でも惚れこむぐらい効果を実感できるってことなんですよね。


返金保証もついていますし、ニキビ跡の赤みに悩んでいる方はぜひ一度、ビーグレンを試してみてください。


ビーグレンが人気の理由 ニキビケアの4ステップを要チェック!

ニキビ跡の赤みを消す!ビタミンC配合コスメの選び方

ニキビ跡の赤みを消す!スキンケア ニキビ跡の種類とそれにあわせたケアについて解説しておきます。


要チェック「赤み」・・・炎症の赤みが残ったもの
⇒ビタミンCを使ったスキンケアが効果的。一番治りやすいです。


要チェック「黒ずみ」・・・炎症の刺激で色素沈着が発生
⇒ハイドロキノン、ビタミンCなどメラニン還元できる美白成分を配合した美白化粧品を使ったスキンケアが効果的。皮膚科でのピーリングも効果が高いです。


要チェック「陥没・凸凹」・・・炎症が肌細胞を破壊
⇒スキンケアでの改善は不可能。美容皮膚科でのレーザー治療などに頼るほかありません。(参考:皮膚科で治すニキビ&ニキビ跡


基本的に炎症をともなうニキビができなければニキビ跡は残りません。なので、ニキビを作らせないこと、できても炎症を起こす前にニキビを治療することが大切です。


ニキビを作らせない肌作りにおいてもビタミンCは「毛穴を引き締める」「肌のターンオーバーを整える」「皮脂の分泌を抑制する」といった効果で有効ですし、 ニキビができてからも抗酸化成分としてニキビの炎症の原因になる活性酸素を除去してくれるのでニキビの悪化防止にも役立ちます。


唯一のビタミンCの弱点は、濃度が高いほど乾燥しやすくなるということで10%以上の濃度のものは乾燥に注意が必要だということぐらいです。 逆にいえば、10%未満の濃度であれば肌への負担も少ないですし、メリットだけを思う存分実感して使えるということです。


ピュアビタミンCを7.5%配合! ビーグレン≪高濃度ビタミンC美容液≫
Copyright © 2012 ニキビ跡の赤みを消すビタミンC&ハイドロキノン配合コスメを解説· All Rights Reserved·